継続定期券のご案内

 通用期間が残っている定期券(旧券)をお持ちで、同じ区間の定期券を引き続きご購入になる場合、その定期券を窓口に提出(自動定期券発行機(ピンク色の券売機)の場合は、定期券挿入口に挿入)いただくことで、新しい定期券に期間を引き継いだ「継続定期券」を発行いたします。

※ 継続定期券は14日前から発行いたします。
※ 新しい定期券の有効期間の横に「」のマークを印字します。
※ 「継」のマークのある定期券は、定期券に印字されている有効期間にかかわらず、発行した日からお使いいただけます。
※ 窓口では、定期券購入申込書の記入が必要です。

<継続定期券の見本>
(4月26日に、4月30日までの定期券を窓口に提出して、5月1日からの定期券を継続購入した場合)

継続定期券の見本

○払戻し時のご注意
継続定期券を、新定期券の有効開始日前に払い戻しされる場合は、旧券から引き継いだ期間についての払戻しはいたしませんのでご注意ください。(旧券期間分のみの再発行もいたしません)
○区間変更時のご注意
継続定期券を区間変更のために払戻しされる場合、以下の取扱いとなります。
  1. 旧券から引き継いだ期間が10日以上残っている場合
    日割額を10倍した額(旬割額)と定期券の運賃との合算額から手数料310円を差し引いた額を払戻します。

  2. 旧券から引き継いだ期間が10日に満たない場合
    定期券の運賃から手数料310円を差し引いた額を払戻します。
    (旧券から引き継いだ期間についての払戻しはありません)

○その他のご注意
継続購入のためにご提出いただいた定期券は、お返しすることができませんので、あらかじめご了承ください。