「ありがとう20系!さよならイベント」を開催します。


 Osaka Metro は、中央線で運行中の20系車両が2024年3月に引退することを記念し、「ありがとう20系!さよならイベント」を開催します。
 さよならイベントでは、営業運行を終了した20系車両のラストランにご乗車いただける「さよなら20系!ラストラン&撮影会」のほか、お客さまがデザインしたオリジナルヘッドマーク掲出サービスの販売や、Osaka Metro 社員がデザインしたオリジナルヘッドマークを掲出した列車を運行します。

●「さよなら20系!ラストラン&撮影会」 ▶ 詳細はこちら

●「オリジナルヘッドマーク掲出サービス」の販売 ▶ 詳細はこちら

●「オリジナルヘッドマーク掲出列車」の運行 ▶ 詳細はこちら(※2024年2月6日更新)

≪20系車両について≫
 1984年に第1編成が中央線で運行を開始しました。日本の第三軌条(サードレール)方式の車両としては、初めてVVVFインバーター方式(省エネルギーかつ機器からの発熱が少ない制御方式)を採用した車両です。
 中央線のほか谷町線でも運行していましたが、相互直通運転を行う近鉄東大阪線(現在の近鉄けいはんな線)内でのワンマン運転及び高速運転対応を目的とした車両改造をきっかけに、2004年から順次谷町線から中央線へ転用しました。
 2014年に第1編成が20系車両として初めて廃車となったのち、近年、中央線では車両更新のため新型車両400系を導入し、順次廃車しており、2023年11月現在4編成が運行しています。

1つ前に戻る