大阪・まち・再発見・ぶらりウォーク第8回“花の名所をめぐる”を開催します【2019年3月30日(土)開催】

Osaka Metro沿線を歩いて再発見!
 第8回目は、「花の名所をめぐる」と題し、谷町線・中央線谷町四丁目駅をスタートし、大阪城公園、大川沿い、藤田邸跡公園、中浜下水処理場せせらぎの里などを経由して花博記念公園鶴見緑地までの大阪の花の名所をめぐるコースです。春を感じに、家族やお友だちとご一緒に参加しませんか。もちろんお一人さまでも大丈夫ですので、お気軽にご参加ください。
(主催:大阪市高速電気軌道株式会社)


※2018年度実施予定のコース一覧ページへのリンク

第8回 大阪・まち・再発見・ぶらりウォーク

 “花の名所をめぐる” ≪約11キロ 家族向き 街歩き≫


実施日

 2019年3月30日(土曜日)
 雨天決行(気象警報が発令もしくは恐れがある荒天時は、中止とさせていただきます。)
※ 中止時は、朝7時にOsaka Metro各駅の改札付近にポスターを掲出します。
※ 朝8時からは、Osaka Metro・シティバス案内コール 電話06-6582-1400(8時から21時)でもお問い合わせが可能です。

集合(受付)時間
 9時30分~10時00分

集合(受付)場所
 谷町線・中央線 谷町四丁目駅下車 東改札を出て9号出口前通路【スタート】

コース概要
 谷町線・中央線谷町四丁目駅 東改札9号出口前【スタート】 ⇒ 
⇒ 大阪城公園 ⇒ 大川沿い  ⇒ 藤田邸跡公園 ⇒ 中浜下水処理場せせらぎの里 ⇒ 西放出公園(休憩適地)⇒ 中高野街道 ⇒ 花博記念公園鶴見緑地 ⇒ 咲くやこの花館(有料) ⇒ 鶴見緑地駅【ゴール】(約11㎞)
予定であり天候や道路工事等の関係でコースを変更することがあります。

参加方法

(1)開催日の受付時間(9時30分~10時)にスタート受付でコースマップをお渡しします。
(2)コースマップと矢印を頼りにゴールとなる長堀鶴見緑地線 鶴見緑地駅を目指していただきます。
(3)今回、咲くやこの花館では、マップをお持ちの方に記念グッズを進呈します。(入館料500円ただし、中 学生以下、障がい者手帳をお持ちの方、市内在住で65歳以上の方は無料【要証明(健康手帳、敬老優待乗車証等の原本)】、Osaka Metroエンジョイエコカード、Pitapaをお持ちの方は割引料金です。)

 ご参加いただきゴールされた方には、2018年度スタンプカードにスタンプを捺印します。全8回中6回以上参加いただいた方に完歩賞を差し上げます。(ただし、第8回に参加された方に限ります)
ゴールポイントは15時30分をもって終了いたします。あらかじめご了承ください。

参加費
 無料。ただし交通費、拝観料等は各自でご負担ください。

持ち物
 歩きやすい服装・弁当・飲み物・雨具など。

その他【注意事項】
1.健康状態がすぐれない方は、ご遠慮ください。
2.天候等の理由により、コースを変更することがあります。
3.参加者のけがや他に与えた損害等については、主催者は一切責任を負いません。万一生じた場合は、参加者の負担となります。
4.定められたコースから離れる場合は、棄権されたものとみなします。
5.道いっぱいに広がると他の歩行者や車両の妨げになります。
6.歩行喫煙やたばこのポイ捨てはやめましょう。
7.ごみ・空き缶等は各自で持ち帰りましょう。
8.交通ルールを守りましょう。
9.神社仏閣をお参りの際は、参拝のルールをお守りください。
10.係員の指示に従わない場合は、参加者とみなしません。

◆ お問い合わせ  Osaka Metro・シティバス案内コール 電話06-6582-1400(8時から21時 )



今回の見どころ

    藤田邸跡公園
     大阪経済の基礎を築き、明治時代には関西実業界の中心人物であった藤田傳三郎(ふじたでんざぶろう)氏が明治42年(1909年)に建築した邸宅の跡地で、公園や藤田美術館、太閤園が位置する。藤田邸跡公園は、築山・滝・流れを基本的構成とし、起伏に富んだ地形を人工的につくり出している。平成15年(2003年)に大阪市の名勝の指定を受け、毛馬桜之宮公園の一部として平成16年(2004年)に開園した。(都島区ホームページから抜粋)

  • 花博記念公園鶴見緑地・咲くやこの花館
     1990年4月1日から9月30日まで開催された国際花と緑の博覧会(通称:花博)の会場となった。花博終了後、都市公園として再整備され、公園名を「鶴見緑地」から「花博記念公園鶴見緑地」と呼ぶようになった。
    咲くやこの花館は、熱帯から極地圏まで、世界各地のさまざまな植物、約5,500種15,000株を展示している世界でも数少ない施設で、日本最大級の温室である。(鶴見緑地ホームページから抜粋)
※ぶらりウォーク公式ツイッター発信中!!
担当者の視点で、ぶらりウォークの魅力や各回の見どころをお届けします。

■アカウント名
@burariwalk

■アカウントURL
https://twitter.com/burariwalk


1つ前に戻る