大阪市高速電気軌道株式会社(Osaka Metro)および大阪シティバス株式会社(大阪シティバス)は、2019年9月5日(木曜日)、国土交通大臣から運賃の上限変更について認可を受けましたので、同日付で、10月1日以降お客さまに実際にお支払いいただく運賃につきまして、国土交通大臣及び近畿運輸局長あてに届出を行い決定しましたので、お知らせします。

 ご利用の多い地下鉄の1区・2区普通運賃は上限運賃よりそれぞれ30円と10円値下げいたします。これにより、定期券以外のお客さまの約94%が利用する1区から3区までは、これまでどおりの運賃でご利用いただけます。また、バス普通運賃についても、これまでどおりの運賃でご利用いただけます。

 なお、今回の運賃改定にあたりましては、適正に消費税を転嫁したうえで、運賃の一部を据え置くことによる毎年の影響額約18億円を経営努力により吸収します。



改定日:2019年10月1日(火曜日)


主な運賃(単位:円)
※2019年10月1日以降にお買い求めいただく場合の運賃です。


【Osaka Metro】※ 運賃据え置き



【利用額割引マイスタイル・プレミアム】※ 運賃据え置き



【大阪シティバス】※ 運賃据え置き


※通学学期定期券は廃止します。


【Osaka Metro大阪シティバス連絡】※ 運賃据え置き


1日乗車券「エンジョイエコカード」、回数カードは発売額を据え置きいたします。


1日乗車券「エンジョイエコカード」は、大人800円(土日祝600円)、小児300円のまま据え置きいたします。
回数カードは、大人3,000円(3,300円分)、小児1,500円(1,650円分)のまま据え置きいたします。


運賃改定前にお買い求めの定期券の取扱いについて


運賃改定前(2019年9月30日まで)にお買い求めの定期券は、運賃改定後にも差額をお支払いいただくことなく、
そのままご利用いただけます。
  

1つ前に戻る