大阪ミナミエリア回遊創出実証実験の計画修正について

 大阪市高速電気軌道株式会社(Osaka Metro)は、2020年11月19日に発表した「大阪ミナミエリアでの回遊創出の実証実験※1」につきまして、株式会社バカン(VACAN)、大阪市指定の道路協力団体「ミナミ御堂筋の会」と共同で2020年11月28日(土曜日)からの実験開始に向け、準備を進めておりますが、今般の新型コロナウイルス感染症による重症病床使用率の上昇を鑑み、次のとおり計画を修正します。


【修正内容】

 この実証実験では、AIカメラ技術による路上空間のソーシャルディスタンス検知、空席情報可視化サービスによるエリア内店舗の混雑回避、ポイントシステム(Osaka Point)による回遊性分析の3つを予定していましたが、新型コロナウイルス感染症による重症病床使用率の上昇を鑑み、Osaka Pointシステムを利用した回遊性分析を中止します。


 ※1 ウィズコロナ時代における、街の活性化の課題である「密回避と回遊性維持の両立」を目指して、2020年11月28日(土曜日)から、実施する実証実験。この実証実験では、AIカメラ技術による路上空間のソーシャルディスタンス検知や、空席情報可視化サービスによるエリア内店舗の混雑回避、ポイントシステム(Osaka Point)による回遊性分析を予定していました。


1 実証実験エリア



2 実証実験期間

 2020年11月28日(土曜日)~12月27日(日曜日)


3 実証実験の目的・内容について

 新型コロナウイルスの感染拡大以降、防疫の観点から密回避が重要な社会課題となる一方、社会経済活動の維持・活性化との両立に向けた課題解決も、重要性を増しています。

 Osaka MetroとVACANは、大阪市指定の道路協力団体「ミナミ御堂筋の会」と共同で、密を避けながらもエリア内の回遊性を高める「ウィズコロナ時代のエリア回遊様式」の確立を期していましたが、情勢悪化を鑑み、当初予定していた3つの実験の組み合わせを、次の2つに絞ることで、密回避に特化した実験計画とします。


(1)AIカメラ技術による路上空間のソーシャルディスタンス検知

 エリア内の路上にAIカメラを設置しソーシャルディスタンスを検知する仕組みの開発をスタートします。(来春完成想定)

 従来の検知技術は屋内のみの対応でしたが、屋外検知に挑戦します。


(2)空席情報可視化サービスによるエリア内店舗のネットワークとしての混雑回避

 リアルタイム空席情報可視化サービス「VACAN」により、エリア内の店舗の空席情報を可視化し、目的ごとに空いてるお店を提示することで、密の回避実現を目指します。




4 実証実験における個人情報の取扱いについて

 本実証実験の目的は、「密回避と回遊性維持の両立」であり、個人情報保護のため、下記方針を採用します。


【個人情報の非取得、非保持】

 「AIカメラ技術による路上空間のソーシャルディスタンス検知」については、個人を特定不可能な画像処理、データの非保持、非提供を前提とし、また、「空席情報可視化サービスによるエリア店舗のネットワークとしての混雑回避」においては、統計処理情報のみを使用し、個人の行動履歴追跡等は一切行いません。


5 実施事業者と役割

 ・大阪市高速電気軌道株式会社(Osaka Metro

  AIカメラ技術の開発委託、空席情報可視化サービス導入サポート

 ・株式会社バカン(VACAN)

  AIカメラ技術の開発受託、空席情報可視化サービス導入

 ・ミナミ御堂筋の会

  AIカメラの設置

1つ前に戻る