御堂筋線なんば駅での車両故障および梅田駅~淀屋橋駅間での停止信号の行き過ぎについて

[2020年10月21日]


 2020年1021日(水曜日)807分頃、Osaka Metro御堂筋線なんば駅において車両故障が発生しました。また、この直後に梅田駅~淀屋橋駅間において、営業列車が停止信号機を行き過ぎて停車する事象が発生しました。

 お客さまにはご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。


1 発生日時

 車両故障       20201021日(水曜日)807分頃

 停止信号機の行き過ぎ 20201021日(水曜日)811分頃


2 発生場所

 車両故障       御堂筋線 なんば駅(なかもず方面行)

 停止信号機の行き過ぎ 御堂筋線 梅田駅~淀屋橋駅間(なかもず方面行)


3 当該列車

 車両故障       755分 中津発天王寺行 10両編成(約350人乗車)

 停止信号機の行き過ぎ 7時47分  千里中央発なかもず行 10両編成(約1,650人乗車)


4 発生状況

 2020年1021日(水曜日)807分頃、御堂筋線中津発天王寺行列車がなんば駅に到着後、車両故障が発生し車両点検のため当該列車の出発を見合わせました。この影響により後続列車が順次停車していきましたが、千里中央発なかもず行の列車が梅田駅を出発し淀屋橋駅に向けて走行中、停止を指示する信号機(赤色表示)を行き過ぎて停止しました。

 その後、車両故障が発生した車両の点検の結果、安全が確認できたので、なんば駅を出発させ順次運転を再開しました。なお、停止信号機を行き過ぎた列車については、前方の列車が順次運転を再開したことにより、信号機が黄色表示に変わり指令所の指示のもと安全を確認し出発しました。


5 影響

 お客さまからお怪我の申告はありませんでした。

 なんば駅での車両故障により813分から830分までの間、御堂筋線全線で運転を見合わせ、最大約19分の遅延が発生し、約54,000人のお客さまにご迷惑をおかけしました。

 なお、停止信号機を行き過ぎた列車による遅延への影響はありません。


6 担当乗務員

 停止信号機を行き過ぎた列車の運転士 経験47か月


7 原因及び対策

 車両故障

  原因については現在調査中です。

 停止信号機の行き過ぎ

  ブレーキ操作の遅れによるものです。


今回の事案を全乗務員に周知し、安全意識の高揚や基本動作の徹底について改めて指導してまいります。

1つ前に戻る