鉄道事業者共同でPR「暴力行為防止ポスター『よっぱらったら 、 何しても いいの?』 」12月9日( 月 )から各事業者の駅構内、列車内に掲出します!

[2019年12月2日]

 日本民営鉄道協会、JR北海道、JR東日本、JR東海、JR西日本、JR四国、JR九州、札幌市交通局、東京都交通局、横浜市交通局、名古屋市交通局、福岡市交通局、東京モノレール、ゆりかもめ、首都圏新都市鉄道、多摩都市モノレール、北総鉄道、横浜シーサイドライン、愛知環状鉄道、Osaka Metroでは、このたび共同で「暴力行為防止ポスター『よっぱらったら、何してもいいの?』」を制作し、2019年12月9日(月曜日)から、各社の駅構内、列車内に掲出いたします。
 この取り組みは、駅や列車内における駅係員や乗務員などの鉄道係員への暴力行為や、お客さま同士のトラブルによる暴力行為に対し、各鉄道事業者が連携して、防止を呼びかけるものです。暴力行為件数の減少を図り、お客さまに、より安全に安心して、鉄道をご利用いただける環境を実現していくことを目的としております。
 なお、ポスターの制作にあたっては、警察庁および国土交通省からの後援を受けております。


1.タイトル  「よっぱらったら、何してもいいの?」

2.掲出期間  2019年12月9日(月曜日)から2020年2月8日(土曜日)までの2か月間

3.ポスターで訴求するポイント
 「よっぱらったら、何してもいいの?」という純粋な子どもの視点からの疑問形のキャッチコピーを大きく打ち出すことで、ご覧になった お客さまに一度立ち止まって考えていただけるようなものとしました 。また、被害を受けた鉄道係員のイラストを描くことで、暴力行為 が人を傷つけるという当たり前のことを再認識してもらえるような 構成にしました。さらに、ポスターの掲出期間が飲酒の機会が増える年末年始期であることから、飲酒に起因する暴力行為の割合を記載 し、特に酔客による暴力行為防止を強く訴えかけています。

4.事業者数  87社局
 (日本民営鉄道協会加盟会社・JR6社・札幌市交通局・東京都交通局・横浜市交通局・名古屋市交通局・福岡市交通局・東京モノレール・ゆりかもめ・首都圏新都市鉄道・多摩都市モノレール・北総鉄道・横浜シーサイドライン・愛知環状鉄道・Osaka Metro)

5.掲出枚数  駅構内 約7,000枚・列車内 約66,700枚
【ポスターイメージ】


  • 駅構内用
  • 列車内用

1つ前に戻る