関西の鉄道事業者20社局が12月19日(木)より自殺防止のポスターを掲出します

[2019年12月18日]

 関西鉄道協会、関西の鉄道事業者20社局では、鉄道による自殺について、鉄道事業者として、その防止に取り組むため昨年度に引き続き、認定NPO法人国際ビフレンダーズ大阪自殺防止センターと共同で制作したポスターを12月19日(木曜日)以降駅に順次掲出します。


1.実施時期 
 令和元年12月19日(木曜日)以降順次

2.実施趣旨 
 鉄道による自殺は、大切ないのちが失われるだけでなく、電車が止まることによる社会的影響も大きいことから、悩み相談に取り組む諸団体の窓口をご案内するポスターを駅に掲出することで、自殺防止に繋げていきたいと考えています。

3.実施内容 
 駅における共同ポスターの掲出
 ※一部の鉄道事業者では、ホームページや駅設置のモニター装置において、ポスターで訴える内容の動画を放映します。

4.掲出内容  

   ポスターイメージ

1つ前に戻る