[2019年8月29日]
 

 8月29日(18時訂正)

  •   ※15時に発表しました心斎橋駅、梅田駅、中津駅、動物園前駅の画像に誤りがあり、18時に訂正しております。

 Osaka Metroは、去る2018年12月20日に、地下空間の大規模改革としてリニューアルデザイン案を発表した15駅のうち、御堂筋線中津駅、梅田駅、心斎橋駅、動物園前駅、中央線堺筋本町駅の5駅のリニューアルデザインを決定しました。
 昨年の発表以降、お客さまや地域の皆様をはじめ様々な方々からのご意見を踏まえ、多様性を大事にし、「各駅の地域性や歴史性を活かす」という当初から目指している方向性をより深掘りし、Osaka Metroの想い・意図が皆様にしっかりと伝わるよう、そして、より多くの方々にご納得いただけるよう奥山CDOの監修のもとデザインコンセプトやデザインをブラッシュアップしました。
 今後、残る10駅につきましてもブラッシュアップを進め、デザインが決定しましたらお知らせします。

5駅のデザインについて
 
【心斎橋駅】 「ジ・オオサカ・ブランド」 “ The OSAKA Brand ”


 昨年発表時は海外のファッションブランドが立ち並ぶ地域にあることから「テキスタイル」をデザインコンセプトとしていました。
 ブラッシュアップにおいては、多くのブランドショップが並ぶ地域との連続性を深め、大阪を代表する高級店が並ぶ現代の心斎橋を象徴する高級感と上質感を感じていただける空間を目指し、そのデザインコンセプトを「ジ・オオサカ・ブランド」としました。
 空間全体として開業当時のアーチ構造を活かし、シャンデリアはもとの佇まいを活かしながら最新のLED技術で復元することで長い歴史を感じていただける空間としています。



【堺筋本町駅】 「船場文化」 “ The SEMBA Culture ”

 昨年発表時は、当駅が船場地域に位置していることから、「船場町人文化」をデザインコンセプトにしていました。
 ブラッシュアップにおいては、デザインコンセプトを「船場文化」としました。船場の文化・交通・物流の交わりを格子で表現しています。
 手仕事感が残る木調パネルと先進素材でありながら暖かみのあるチタン素材により和風モダンさと匠の交わりを表しています。
 新たに設置する可動式ホーム柵のステンレスなどの異素材と調和させ、歴史をベースに未来へと飛躍する船場を力強く表しました。


【梅田駅】 「大阪から世界へ」 “ From OSAKA to the World ”

 昨年発表時は、大阪のみならず世界の情報があつまる「インフォメーションターミナル」をデザインコンセプトとしていました。
 ブラッシュアップにおいてはそのデザインコンセプトを「大阪の情報を世界に発信する」と捉えなおし、日本最大級のパノラマビジョンが最も活かせるような空間としています。
 具体的には、照明器具と新たに設置する可動式ホーム柵のステンレスをアクセントとした白く明るく伸びやかな大空間とし、パノラマビジョンと柱サイネージを合わせた新時代のデジタル広告の大きな舞台として、大阪から世界へ発信するOsaka Metroのフラッグシップ駅にしていきます。



【中津駅】 「インキュベーター発信源」 “ Incubator Central ”

 昨年発表時は「プレゼンテーション」をデザインコンセプトとしていました。
 今回はスタートアップ企業以外にも大学や専門学校による新しい取組みなどをプレゼンテーションできる場所として「Incubator Central」をコンセプトに、機能的にもブラッシュアップを行いました。
 進行中の改装計画を活かしながら、天井のルーバーをホームと平行して走らせ、また柱にはサイネージを埋め込み、プレゼンテーションスペースとの連携を図っていきます。



【動物園前駅】 「まるで自然の中にいるかのような空間」

 動物園前駅については、昨年実施した公募プロポーザルで選定された中西正佳・貴志泰正・京智健 設計共同体がデザインを担当し、現在実施設計を進めており、CDOが全体のデザインを鑑みてアドバイスを行っています。

 昭和44年に描かれて以降長く親しまれてきた動物タイルを保存・活用し、地下空間でありながらも、まるで自然の中にいるかのようなワクワク感のある楽しくて明るい駅にしていきたいと考えています。

 既存のタイルに描かれた動物や先端技術によって映し出される動く動物、木漏れ日のような照明、生きた植物などによって自然の雰囲気を表現します。

1つ前に戻る