関西の鉄道事業者18社局は、列車の運転見合わせ時に実施する鉄道事業者間の振替輸送をよりスムーズにご利用いただくため、2019年3月16日(土曜日)以降の振替輸送実施時から、以下のとおりご利用方法を変更いたします。

1.鉄道事業者間における振替輸送ご利用方法の変更

(1) 振替輸送の乗換駅を拡大します
 現在は事前に各事業者間で定めた特定の乗換駅のみご利用いただいておりますが、今後は振替乗車の対象となる乗車券の区間内であれば、お客様に乗換駅を任意に選択してご利用いただけるようにいたします。
 ※(2)に記載の振替乗車票の配布を省略する場合に限ります。振替乗車票を配布する場合は、これまで通りのお取り扱いとなります。

(2) 振替乗車票の配布を省略します
 現在は振替輸送をご利用される駅の改札口で振替乗車票をお受け取りのうえ、ご利用いただいておりますが、今後はこれを省略し、振替輸送の対象となる乗車券のご提示によりご利用いただけるようにいたします。
 ※ バス等との振替輸送および近畿日本鉄道株式会社の東海エリアでの振替輸送については、これまで通り振替乗車票を配布します。

(3) 改札入場後のICカード乗車券を振替輸送の対象外にします
 現在は「改札入場後のICカード乗車券」も振替輸送の対象としていますが、今後は対象外にいたします。

 ICカード乗車券は、券面では改札の入場後かどうかが確認できないことから、運転見合わせとなった駅で出場する際に「ICカード乗車券使用証明書」をお受け取りいただくことや、当日又は後日に運賃のお支払いが必要になるなど、煩雑な手続きを要しており、お客様に多くのお手数やお時間をおかけしています。
 今後、ICカード乗車券のご利用者はさらに増加することが見込まれ、これまで以上に多くのお客様にご不便をおかけすることが想定されるため、改札入場後のICカード乗車券については振替輸送の対象外とし、それによりお客様にスムーズなご案内ができるようにして参ります。
 なお、首都圏等では、従来からICカード乗車券は振替輸送の対象外となっております。

 ※ IC定期券は、引き続き振替輸送の対象となります。
 ※ 京都市交通局では、あわせてトラフィカ京カードも対象外といたします。
 ※ 神戸市交通局では、あわせてNEW Uラインカードも対象外といたします。

<運賃の精算について>
 現在、改札入場後のICカード乗車券で振替輸送を行う場合の具体的な手続きとしては、お客様に「ICカード乗車券使用証明書」を運転見合わせとなった駅で受け取っていただき、当日又は後日にICカード乗車券の精算処理を行い「本来乗車する予定であった区間の運賃」をお支払いいただいておりますが、今後は振替輸送ではなく、「運転見合わせとなった鉄道事業者で実際にご乗車された区間の運賃」及び「その後ご乗車された鉄道事業者で実際にご乗車された区間の運賃」をお支払いいただくことになります。

2.実施日
 2019年3月16日(土曜日)以降の振替輸送実施時


【参考】鉄道事業者間における振替輸送に関する制度変更のお知らせ :別紙

1つ前に戻る